浅草の年間行事について

1月の初詣から12月の締めくくり除夜の鐘にいたるまで、たくさんの行事があります。まず1月には七福神詣があり、浅草寺の大黒天や浅草神社の恵比寿など該当する寺社を巡るお詣りです。2月は浅草寺で都内有数の規模の節分豆まき行事があります。そのあとに12時と14時に年男による豆まきと「福聚の舞(七福神の舞)」が披露され、夕刻に有名人が4回豆まきをします。

3月には本尊の観世音菩薩が現れた3月18日に時の様子を表現した、長さ18メートル重さ約88キロの金色の龍が境内で舞を披露します。5月は江戸三大祭の一つの「三社祭」があります。初日は神輿御霊入れの儀、翌日に「びんざさら舞」という五穀豊穣を祈る舞、3日目は浅草各町の神輿が町を周り、最終日に本社の3基の神輿が熱気の中町を周ります。また5月と6月の最終土日に「お富士さんの植木市」があり、多くの沢山の植木商が集まります。

同じく植木市で7月にはほおずき市もあり、風鈴の音とともに夏を感じることができます。8月下旬には馬道通りから雷門通りで日本最大のサンバカーニバルがあります。50万人もの人手になり、華やかな衣装や大がかりな山車、軽快なステップだけでなく、各チームはテーマを決めてパレードで表現し優勝を競います。11月には浅草寺境内で「白鷺の舞」があり、12月には羽子板市があります。

邪気を跳ね返す板として女の子の成長を願うものですが、その年に話題になった有名人も羽子板になっていたり、大小様々なものがあります。このように行事がたくさんありますが、あらかじめ行事スケジュールも確認してから行くと、ますます興味深いものになるでしょう。浅草の行事のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *