浅草は季節ごとの多彩な行事が有名です

浅草といえば江戸っ子の街で、庶民が自由にお寺を中心に町並みが作られています。外国人にとって仲見世は、日本を代表する伝統をもつ場所で人気があります。今でも夜の散策や飲み屋が多い場所として知られています。伝統の行事が多いのもこの町ならではであり、季節ごとに有名な祭りや催事が催されています。

庶民の町であり地域住民がひとつになって祝うことが慣例となっているのです。戦後焼け跡から復活した街は、庶民のエンターテイメントで昭和の時代を代表する場所となり落語をする寄席や六区などが有名です。浅草を語るうえで、季節の行事の多さが有名で正月から1年の締めくくりまで各種の行事があることで知られています。なかでも浅草で有名な祭りは「三社祭り」です。

浅草神社の夏の例大祭で700年もの伝統を誇る行事で、元々は舟祭りだったと言われており、神輿を乗せた舟が隅田川を下る「船渡御」も復活して実施されています。三社祭りは、地域の住民がこぞって参加し楽しむ祭りです。勇壮な神輿かつぎが人々の心をひとつにし、熱気で盛り上がるのです。浅草を理解しようとすると、この地域がもつ行事を知ることが一番わかりやすいです。

季節に合わせて、春夏秋冬にあったものが用意されており人々が参加できるものが多くなっています。七福神にまつわる祭りがあるのもこの地が多くの神を取り入れてきたところを示しています。サンバカーニバルといった南米の祭りが人気があるのも庶民の町ならではいい所です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *