様々な種類がある海外航空券

海外航空券には様々な種類がありますが、その多くは、各航空会社毎に色分けされている感があります。例えば、老舗の航空会社で、当該国のナショナルフラッグと称されている航空会社の海外航空券は、当該国の国旗の色に合わせている場合が殆どといるでしょう。例えば、日本の場合は、赤と白の組み合わせで全てを済ませようとしている感じがします。英米、それにフランスの場合は、青と赤、イタリアの場合は緑と白と赤といった具合です。

こういった航空会社の海外航空券は、老舗ということも手伝ってか、人間のケアレスミスを防止するために色が設定されたのではないかと想定されます。その昔、格安航空券等無かった頃は、確かに国際線の空港は閑散としている場合が多かったのでしょうが、その分、表示等が分かりにくかったのではないかと想定されます。そういった時の最終チェックは、当然ですが自分の目になります。そんな中で、例えば日本に帰国しようとしている人が、日本行きの飛行機を探す時は、航空券の色と合わせる可能性も否定できないでしょう。

航空券の色が緑や青等をしていれば、当然、戸惑う訳で、そういった顧客のミスを防止するために、老舗航空会社の海外航空券の色は、当該国の国旗の色に準拠した色を採用しているのではないのではないでしょうか。急いでいる時に、最後に見るのは自身の手元の航空券です。それと、搭乗案内ボードを照合するので、色でも判別がつく様にしているのでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *