インバウンド観光の実情と今後

インバウンドとは、訪日外国人旅行者を指す言葉です。人口減少傾向にある日本にとって観光は将来の成長を期待される産業です。その市場の拡大のためには、訪日外国人旅行者つまりインバウンドの増加が重要で、観光立国を目指す日本は今現在もさまざまな施策を打ち出しています。それらは一定の効果を上げており、2014年度の訪日外国人旅行者の人数は1300万人を突破しました。

ちょうど円安で買い物をする旅行者が多かったため、インバウンド消費がマスコミでも取り上げられ大変注目されました。こうした経済効果がわかりやすい形であらわれたために、訪日旅行者に地方まで足を運んでもらい、各地で消費をしてもらう、といった経済振興の青写真が描かれるようになりましたが、現在のところ、訪日旅行者は首都圏や大阪などといった大都市に集中し、なかなか地方にまで回ってこないのが実情です。2014年頃からのインバウンド消費の伸びは円安の影響が大きく、買い物に特化した目的で訪れた外国人旅行者が多かったという事情がありました。また、外国人旅行者を呼び込むための方策として、日本国内では「おもてなし」がクローズアップされ、それにインバウンド消費の報道が重なったために、「おもてなし」が効果を上げたかのような印象を与えましたが、実際のところ外国人旅行者が「おもてなし」目的で訪日を計画することはほぼなく、実態とのズレを指摘する声もあります。

しかし、日本にとって今後も重要な成長産業になっていくことは間違いがなく、正確な分析と、実態にマッチした施策を講じることがさらに求められています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *