海外ツアーの飛行機、手荷物の収納

海外ツアーのときには飛行機に乗ることになりますが、新幹線などとは異なって、飛行機の場合は手荷物の収納にかなり厳格なルールが設けられています。これは、万が一の際に荷物が飛散して他の乗客を直撃したり、緊急脱出の妨げになったりするのを防ぐ目的で決められているもので、そういう意味では海外ツアーだけでなく国内ツアーのときも同じです。大前提ですが、機内持ち込みの手荷物は個数や大きさ、重さに制限があります。それを超える分はカウンターで預けなければなりません。

多少であれば大目に見てもらえることもありますが、適切に収納できない原因にもなりますからルールを守りましょう。機内では、上部の収納棚か、前の座席の下が手荷物の収納スペースです。もちろん、上空で安定飛行しているときに取り出したりするのは自由ですが、離着陸時など、収納を求められているときにはこれらのスペースに入れなければなりません。手に持つ、自分の座席の足元に置く、通路そのほかのスペースに置くなどは禁止です。

通路などに置いてはいけないのは常識的なことでしょうが、自分の座席の足元に置くのもいけないのです。前の座席の下に入れましょう。なお、上部の収納棚は共用です。空いているスペースであればどこを利用してもかまいません。

逆に言うと、先に機内に入った人が、自分の座席の真上の荷物棚をすでに一杯にしていることがあるかもしれませんが、譲り合いの精神で収納棚を利用するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *