海外ツアーでの飛行機、チェックイン

海外ツアーでは飛行機に乗ることになりますが、まず最初に行うのがチェックイン手続きです。国内ツアーでもチェックイン手続きは行われますが、海外ツアーの場合はより複雑で、時間もかかることがふつうです。まずは列に並ばなければなりません。多くの航空会社では、搭乗するクラスによってカウンターが別になっており、指定された列に並ぶ必要があります。

エコノミークラスなのにビジネスクラスの列に並んだりすると注意されることになります。ちなみに、どの便に乗るかでカウンターが変わることはありません。カウンターについたら、提示するものとしてはパスポートと飛行機のチケットです。最近では紙のチケットではなく電子チケットとなり、その控えを印刷したものを見せることも多くなりました。

ビザが必要な国への便では、ビザを取得しているかもここで確認されます。続いてスーツケースなどの大きな荷物を預けます。重さが量られ、問題なければタグが取り付けられます。そして、預かりの控えが渡されます。

場合によっては、搭乗券に貼り付けられることもあります。これがなければ荷物を引き取れないわけではありませんが、預けたことの証拠になりますので、引き取るまではなくさないように持っていましょう。搭乗券に貼り付けられない場合、自分で貼り付けるのがなくさないためには一番です。そして搭乗手続きの済んだ搭乗券を受け取ります。

そこには、搭乗ゲート、出発時刻、座席番号が書かれているはずですから確かめておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *