射出成型は金型を使ってプラスチックのパーツを作る機械で、連続成形を得意としています。複雑な形状のパーツを大量生産することに向いており、基本的な機能として成形材料を可塑化し、金型キャビティに射出し金型を開け締めする一連の機能をはたします。射出部と型締め部に分かれていて、コントローラーを使って作用することが可能です。射出の動力の方式について、射出成形では油圧式や電動式・ハイブリッド式があります。

型締めユニットの方向によって、垂直と水平の二種類がありそれぞれ特徴が異なります。油圧式での射出成形のメリットについて、高圧型締め力を比較的容易に実現することが可能です。イニシャルコストが安く、成形条件の幅が広いです。高圧の型締め力を条件が出しやすく、射出時間を非常に長く取ることができるので無理がききます。

構造がシンプルで修理が簡単なので、多くの施設で利用されています。電動式の場合、コンピュータ数値制御によるサーボモータの駆動方式です。動作が正確でオイルを使わないので、汚染リスクが少なくクリーンルームではこれが採用されています。メリットとして省エネや消費電力が小さいことがあげられます。

高精度且つ高再現性で、圧力や速度の射出コントロールを細かい単位で制御することが可能です。射出装置の制御が正確で、成形条件を安定化することができます。成形の再現性が高く、制御精度も高く精度の高い監視システムを構築することができるでしょう。多段突き出しや突き出し量の制御など、油圧では困難な作業を実現することが可能です。

ハイブリッド式の射出成形のメリットについて、油圧式と電動式の有利な点を引き出すことができ、様々な組み合わせ方があります。射出側か稼働側のいずれかについて、油圧式にするのが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です