射出成形は工業製品を製造する際に用いられる工法の1つで、プラスチック製品を中心に幅広く普及しています。ガラス製品の製造に用いられることもあります。射出成形は、金型を用いた成形法です。まず作りたい製品の形状に応じて作られた金型を用意し、そこに高温で溶かしたプラスチックなどの素材を流し込みます。

金型は溶かされた素材よりも温度が低いため、素材はやがて冷えて固まります。そして完全に固化した素材を金型から取り出せば、製品の完成となります。巷に出回っているプラスチック製品の多くは、この射出成形によって作り出されています。というのも、この工法は大量生産に適しているというメリットがあるからです。

金型の製作にはそれなりの初期費用がかかりますが、いったんでき上がれば繰り返し使用できるため、生産ロットが増えれば増えるほど1個当たりのコストは低減します。もちろん、素材の品質が安定していれば同一のクオリティを有する製品を継続して生産できるというのも大きなメリットです。射出成形にはもう1つ、自動化が容易だというメリットもあります。実際、工場などの生産設備において現在使用されている成形機の大半は、その工程がほぼ全自動となっています。

最初にペレット状の材料を投入すれば、あとはそれを溶融してシリンダーから金型に向かって射出すると同時に金型を閉じ、固化したら再び開いて完成品を取り出すまでのプロセスが、コンピュータで制御されます。取り出してからの後加工もほとんど必要ありません。射出成形のメリットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です