射出成形とは金型を使用した製品の成形方法であり、主に合成樹脂といった材料を温めて溶かし、金属で作られた金型に流し込んで冷やすことで目的のものを成形することが出来ます。溶かした樹脂を金型内に送り込むことから、注射器で液体を注入する状態に似ていることもありこの呼び方がされています。この方法は金型を使用することで、同じ精度のものを何度でも連続して作ることが出来る特徴を持ちます。実際に射出成形を使用するメリットには、精密な形を成形することが可能になっていることが挙げられます。

整形した形の金型を用意すれば、様々な形状のものを作ることが出来ますし、この方法で加工したものはほとんど後加工の必要がなく仕上がりが非常に美しいです。そのため一度金型を制作してしまえば後は材料のみとなるので、生産量が多くなるほど製品単価を安くすることが出来るメリットを持ってます。ただ射出成形を行う際の注意点としては、金型製作には一定期間日程が必要になるためすぐに生産をすることが難しかったり、型制作の仕上げは手作業で丁寧に行う必要があるため製造コストが高くなりがちで、初期投資の費用が大きくなる特徴を持っています。そのため少量生産には向かない加工法ではありますが、大量生産することが出来るものに関してはかなりコストパフォーマンスが高いです。

こういったメリットもあり、家電製品や日用品、自動車の部品など日常生活で欠かせない製品もこの方法で製造されています。射出成形のメリットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です