一昔前までは、私たちの生活の中で主に用いるものといえば木や陶器というものでした。それぞれ大変馴染みがあるものなのですが、作る際には大変手間がかかり大量生産には向いていないという欠点がありました。また陶器の場合には落とせば割れてしまい修復が困難であるということがあったり、木材であれば虫などに食われたり腐ってしまうなどというようなこともあります。長時間使用していくと、これらのものは結局は使えなくなってしまうというような事があったわけです。

またそれぞれ作製の際に大変手間がかかるので価格も大変安くすることはできませんでした。このような状況は、石油化学が発展することによって大きく様変わりすることになっていきます。火力発電などのエネルギー源として石油が用いられることにより、その副産物としてできるナフサが利用されるということが広く行われるようになったからです。このようなことから、高分子材料と呼ばれる材料が出てくるようになりました。

この材料の特徴は、軽くて成形がしやすく材質によっては割れにくくできるというような特質を持っている点です。このような高分子材料の成形を行う際に用いられる方法が射出成形です。射出成形という方法は、高分子を熱して流動性を持った状態にして型に入れ、冷やして固めるという方法です。温度はさほど高くする必要がありませんので、射出成形の際の仕事の効率を高くすることができます。

このように優れた特性と経済性を持つ高分子材料は、現在では私たちの身の回りのほとんどのとこで利用されるという風になってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です