ペットボトルは、射出成形の方法で作り出される代表的なものです。射出成形の方法では、原材料が樹脂ペレットと呼ばれるもので、これを成形機に投入してから加熱・溶融させたものをスクリューを介し均一に材料を混ぜ合わせて、それを金型内部に高圧力で流し入れ一定時間そのままの状態で冷却します。冷却が完了すると手動もしくは自動的に金型が開いて部品を取り出す、これが射出成形による加工方法で、成形そのものの速度が速いことや複雑な形の部品類を大量生産できる、しかも寸法精度も高いなどの特徴を持ちます。金型は、成形でも利用する部品作りには欠かすことができない道具です。

金型には材料の投入口になるゲートと呼ぶ穴があるのですが、射出成形ではノズルの先端がゲートに向かうようにします。高圧力でゲートに向けてどろどろになっている樹脂材料でもある樹脂ペレットを噴射させるなどの特徴がありますが、この成形方法は4つの工程にわけて解説することもできます。その4つの工程とは、樹脂を加熱可塑化する工程・可塑化された樹脂材料を高圧力で金型内に射出する工程・金型内で材料が固化する工程・金型から成形品を取り出す工程です。樹脂ペレットは熱硬化性樹脂とも呼ばれるもので、成形器のホッパーと呼ばれる材料受け口から下方向に材料が落ちる、シリンダ内部で加熱されて流動性を与えた上で樹脂材料の硬化温度に設定してある金型内のキャビティに噴射します。

内部では硬化反応が起きて冷却された後に取り出すといった流れです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です