私達を取り巻く生活環境は、一昔か前に比べると大変大きく変化してきています。その中でも一番著しいものに、高分子材料の普及というものがあります。現在では、高分子材料を見ない場合はないと言っても過言ではありません。もはや、高分子材料なしには私たちの生活は成り立たないと言ってもいいでしょう。

一昔前の木や陶器などと比べ、どの点が高分子材料が優れているかということについて述べます。木材比較すると、これは天然に産する木をそのまま利用したものですので長時間放置すると微生物などによって中身が分解されたりカビが生えやすいというような欠点を持っています。また陶器との比較を行うと、これは重くて落とした際にすぐに割れてしまうと言う性質も持っていますし、その修復はほとんどできません。これに対し、高分子材料の特徴は木材などと比較して朽ちることもありませんしカビが生えるということもありません。

また陶器と比較して軽いので落としても簡単には壊れないという特質を持っています。このような優れた特質から、高分子材料が現在では数多くのところで用いられているのですが、その成形を行う際に用いられる方法が射出成形と呼ばれるものです。射出成形とは、高分子の温度を上げることによって溶融状態にし、それを型に入れ冷却することによって成形を行うという方法です。この射出成形という方法を行う際、温度をそう高くする必要がありませんのでエネルギー効率の観点からも大変効率的であるという風に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です