射出成形はプラスチックを溶かした液体を型に流し込む工法です。プラスチック製品の大半に用いられているメジャーな工法です。たとえば、車のバンパーやプラモデルやケースなどです。方法としては、基本はプラスチックの液体を貯蔵しているタンクから、シリンダーの圧力を使って注射器のようにピストンがプラスチックに液体を押し込みます。

シリンダーの先端に型をセットして流し込みます。製品によっていろいろな方法があるのです。大型部品や複雑な形状の部品では、シリンダーを型の複数個所からプラスチックの液体を流し込むために上下や左右などセットされています。また、大量生産をするために1つの型から複数の製品を作るときに使います。

また、製品の品質を作りこむことが重要で、型の隅々までプラスチックが流れ込まなかったり、均一な厚みが確保できないケースがあるのです。さらには、穴やバリが出てしまうケースもあります。射出成形では、製品の形状や大きさによってプラスチックの流し込み方にノウハウがあります。射出成形の機械のスペックによってその方法は異なるのです。

例えば。シリンダーのスピードの速さと、プラスチックの量をコントロールすることです。この調整技術が製品の品質を左右します。また、プラスチックの保持炉の温度管理もポイントです。

これが細かく制御できてプラスチックの材質に合わせた粘度をコントロールできることが重要となります。これらの制御技術の高い設備がよい品質を実現するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です