材料樹脂をある決まった形状にする為に金型を用います。射出成形は、加熱溶融させた材料を金型内に射出注入し冷却・固化さえることによって成形品である製品を得る方法です。複雑な形の製品を、大量に生産するのに適しており、成形加工では重要な役割をはたしている方法となります。金型の形状としては、成形品を取り囲む凹凸部に分類されます。

凹部のことをキャピティ、凸部のことをコアと呼びます。凹凸部を合わせた時の隙間に、溶かしたプラスチック樹脂を圧力を加えて充填するのです。金型の中で冷やして固化させ取り出したものが射出成形製品となります。射出成形の工程では、主に樹脂を加熱可塑化する工程・可塑化した樹脂を高圧で金型内に射出する工程と金型内で樹脂を固化する工程・金型内から成形品を取り出す工程から成り立っています。

材料供給の装置であるホッパーで、落下するペレットをシリンダー内のスクリューを回転させて、送り出す方法がとられるのです。ペレットは、シリンダー内でヒーターによって可塑化され、スクリューの回転で成型機に貯められます。一定量ためられた溶融された樹脂を高圧でキャピティ内に射出する方法がとられています。キャピティ内で加圧・冷却・固化してから金型を開き、エジェクタピンで製品を突き出して取り出すのです。

趣旨をシリンダー内で加温して流動性を加えることによって、その樹脂の硬化温度に設定した金型内のキャピティに射出することで、硬化反応を起こさせることで一定均均質な射出成形ができることに優れた方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です