射出成形の仕組みについて、まずホッパーを通して樹脂ペレットがシリンダ内部に送られます。ヒーターによって加熱されたシリンダにおいて、ペレットが溶かされていきスクリューが回転し樹脂が混練されていきます。スクリューが金型に押し出されるので、樹脂が金型内に射出することが可能です。金型において樹脂が硬化するまでそのまま保持し、その後金型を開いて製品が排出されます。

製品検査の後にゲートを分離すると完成です。射出成形の方法はいくつかあり、いろいろな外観や機能などを持たせることができます。インサート成形の場合、成形を行う前に金属製のねじやコネクタピンといった部品を、金型内に置いておきます。樹脂によって取り込んで一体化したり、固定することが可能です。

ねじ山が金属製になるので強度を持たせることができたり、雄ねじや雌ねじなどを製造することができます。プラスチックは電気を通さないので、コネクタピンを一緒に成形するとピンが固定でき一緒に絶縁にも利用することが可能です。フィルムインサートの場合、外観に模様を付け文字を転写することができる方法です。金型に模様がついたフィルムを設置し、射出成形時において樹脂と一体化します。

車のダッシュボードといった高い美観が求められる部品や、キーボードのキートップ製造にも利用することが可能です。異材成形や多色成形の場合、異なる材質や色などのプラスチックを個別に射出する方法になります。部品の場所に対応して求められる機能が違ったり、部分的に色を変えたい際に利用することが多いです。樹脂は複数回に分けて射出されていき、一体化させたり同時に射出することもあるでしょう。

射出成形は広く使われており魅力的な特徴を持った成形法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です