射出成形は複雑な形状の製品を低コストで大量生産できるというメリットがあります。このメリットを生かしてスマートフォンやテレビ、パソコンやプリンターなどのプラスチック部品が作られています。電気製品だけでなくハサミの取手など、プラスチック部品を作るには射出成形の技術が欠かせません。製造業を営む企業にとって高品質な製品を安く提供して業績を改善するため、この技術が重要な存在となっています。

プラスチックなどの合成樹脂は高温で溶かして金型に注入し、冷却して固めると任意の形状を得ることができます。金型を製作するには一定のコストがかかりますが、大量生産を行えば製品1個あたりのコストが安くなるというメリットが存在します。3Dプリンターも射出成形機と同じようにプラスチックを任意の形状に加工できます。しかし3Dプリンターを使いこなすには一定の習熟が求められ、大量生産には向いていません。

射出成形機にはコントローラーと射出部、型締め部があり加工条件の制御はコントローラーで行っています。射出部にあるホッパーに材料を投入すると、シリンダーの熱で溶けて噴射ノズルから型締め部の金型に注入されます。金型には可動部分と固定部分があり、前者が後者に接近して材料に圧力をかけることで任意の形状を作ります。内部では強い圧力が生生じるため、バリの発生を防ぐには金型は十分な型締め力を備えたものでなければなりません。

コンピュータで速度や圧力、シリンダーや金型の温度などを自動制御すれば効率的に高品質な製品を作ることができます。射出成形のメリットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です