プラスチックなどを加工する工場で業務の効率を向上させたいのであれば、様々なメリットを考慮して射出成形機を導入するとよいでしょう。射出成形機はコントローラーと射出部、型締め部という3つの部分で構成されています。コントローラーは成形速度や圧力、シリンダーや金型の温度など成形条件を制御する部分です。この部分がコンピュータによって制御されるタイプが広く普及しており、高度な技術を持つ職人でなくても高品質な製品を作ることができます。

射出部は材料を入れるホッパーと加熱して溶かすシリンダー、型締め部の金型に注入する噴射ノズルで構成されています。型締め部には可動側と固定側で構成された金型があり、溶けたプラスチックなどを注入すれば任意の形を作ることができます。プラスチックなどの素材を金型の内部に注入すると強い圧力が発生するので、バリが出て品質が低下しないように適切な型締め力を備えている必要があります。一般的に大量生産された製品や部品は品質が悪いというイメージがありますが、この装置を使えば短時間で連続的かつ大量に高品質な製品や部品を製造できます。

スマートフォンやパソコン、テレビの自動車の部品など人々の日常生活を支えるものを作る上で射出成形機が重要な役割を担っています。この装置を導入するメリットは、たんに高品質な製品や部品を大量生産できるというだけではありません。工場内の作業が効率化されるため余った人員を他の業務に割り当て生産性をさらに向上させる一方で、人件費を削減できるというメリットも存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です