プラスチックは生活のあらゆる場面で使われており、様々な形のものがあります。軽くて、比較的簡単に加工できるプラスチックはなくてはならないものです。では、どのように形を作っていくのでしょうか。その方法を理解することが出来ます。

プラスチックの加工方法のことを射出成形と言いますが、4つの工程から成り立っています。一つ目は原材料の樹脂を加熱してドロドロの液体にするのです。そうすることでいろいろなものに加工できるようになります。材料供給装置のことをホッパーと言いますが、そこから材料を供給します。

その次に可塑化された原材料を高圧で金型に押し出していくのです。この動作が射出成形の名前の由来とも言えるでしょう。その次に、金型内で樹脂が固められますが、金型の形で完成する部品の形が決まるのです。最後に金型から成形品を取りだす工程になります。

このように射出成形は四つの方法から成り立っており、非常にシンプルに作られています。金型を準備することが出来れば、容易に大量生産をすることが出来、安価で作り出すことが出来るのです。確かに金属加工に比べて材料費が安く、容易に加工できるのは大きなメリットです。しかし、昨今のゴミ問題は見過ごすことが出来ません。

一人一人が環境に関心を持つことは大事であり、そうすることが地球の将来に関係してくるのです。ゴミの分別やその後の処理の仕方にも関心を持つことが出来ますし、リサイクルにも関心を持つ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です