私たちの豊かな暮らしにはプラスチック製品が欠かせません。テレビやゲーム機といった家電製品、洗剤の容器やシャンプーボトル、100円ショップなどで売られているプラスチック製のケースなど、家の中を見渡すとその多さに驚かされるのではないでしょうか。身の回りのあらゆるプラスチック製品は射出成形といわれる方法によって作られています。製品の形の元となる金型を一度作ってしまえば繰り返し使用できるため、高品質な製品が大量生産でき、コストを抑えることができるからです。

射出成形は、長さが5メートルほどの小型・中型・大型・長さが20メートルを超える超大型といったサイズがある、射出成形機で行います。材料には製品に合わせてさまざまな材質からなる樹脂ペレットを使用。射出成形で製品を作る具体的な方法としては、ホッパーという材料を入れるタンクに、材料となる米粒ほどの大きさの樹脂ペレットを流し入れます。シリンダに送られた樹脂ペレットは高温のヒーターで熱された内部をスクリューの回転と共に進んでいきます。

溶けた樹脂ペレットをノズルから金型に流し込み圧をかけ冷却。時間をかけて固まるまで待ちます。その後金型を開いて、完成した成型品を丁寧に取り出します。これを何度も繰り返し行うことができるため大量生産に向いているのです。

その他にも大きさや形などを自由に作れるなどのメリットがあります。射出成形は暮らしを支えるために必要不可欠なプラスチックを作る方法なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です