金型を使った加工方法に射出成形というものがあります。作っているのは主にプラスチック製品で、一度に同型のパーツが大量に出来ることがメリットです。出来上がるのがプラスチック製品なら、材料も当然プラスチックになります。合成樹脂(プラスチック)を加熱して溶かすことから始まり、これを金型に流し込みます。

金型内で固められたものは取り外され、ランナーやスプルーをカットするという仕上げがされて完成です。これらの工程をあらわして「射出成形」といわれています。「射出」と呼ばれるのは、熱して溶かした合成樹脂を金型に流し込む様子が注射器に似ているというのが理由です。射出成形の機械は「射出部」と「型締部」の構造になっています。

ホッパーに入れられた合成樹脂はシリンダーの中で加熱されて溶けます。液状の合成樹脂は「射出部」のノズルから金型へ注入され、「型締部」は金型をセットして樹脂を固めるという方法です。近年ではCNC化がすすんだ機器が登場しており、金型への高速射出が可能となっています。つまり「投入」に始まり、それを「溶かす」、さらに「流す」、金型内で「固める」、「はずす」、「仕上げる」という加工方法になります。

溶けた合成樹脂の特性が活かされており、射出成形では複雑な形であっても金型さえあれば作ることが出来ます。ブラスチック製品および部品などは我々の生活を支える不可欠な要素であり、射出成形はそれを支える技術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です