射出成形とは金型を使用した成形方法の一種です。プラスチックなどの材料を溶かして金型に流し込み、冷却するによって形をつくります。そう呼ばれる理由は、注射器で液体を注入する様子と類似しているためです。材料を溶かして流し固め、取り出して仕上げを行うことが一連の流れとなります。

射出成形を行うと、複雑な形状であっても短時間で大量に生産することができます。とても便利なことから、多様な分野において活用されています。サーボモータを利用して作動させる電動式や、油圧モータが備わった油圧式、サーボモータと油圧モータ両方を兼ね備えたハイブリッド式などの種類があります。装置は材料を溶かし流し込む射出部と、金型を設置する型締部からなります。

CNC化が進行し、現代では高速射出ができる装置や液晶モニター専用の特殊なものまで流通しています。射出成形の方法をご紹介します。最初に材料を入れるホッパー部に、粒上になった樹脂を投入します。シリンダーの中で温まり液体となった樹脂は、射出には欠かせません。

材料を射出部から投入し、成形部分に到達したら冷やして固めます。固化が完了すると、金型が開いて成形したものを取り出すことができます。最後に仕上げを行えば完成です。射出成形の方法は簡単なように聞こえますが、大量生産時に高品質のものを均一に作り出すためには様々な条件指定が必要となってきます。

樹種の種類や管理の温度など条件が整って初めて精度の高い製品が完成するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です