プラスチックは、加工しやすく耐久性もある程度保証できるところから、身の回りにあるさまざまな製品に使われています。家電製品の筐体や食器、食品や化粧品の包装容器などその種類は膨大な数に上りますが、それらの多くはまったく同じ形状や大きさのものが大量に作られています。こうした大量生産を可能にしているのが、射出成形と呼ばれる製造方法です。射出成形とは、作りたい製品の形状に合わせて製作した「型」の中に材料を流しいれ、固めることで製品化する技術です。

通常、「型」には金型が用いられます。一方、材料はプラスチックをはじめとする合成樹脂がメインで使われます。合成樹脂は熱を加えると溶けてやわらかくなり、冷えると硬化するという特徴を有しています。そこで、熱した樹脂を金型の中に注ぎ込み(射出し)、冷えて固まったところで取り出すというのが基本的な成形方法となります。

反対に熱硬化性の樹脂を材料として、高温状態にした金型の中に注ぎ込んで成形する方法もあります。射出成形の最大の特徴は、何と言っても大量生産に適しているという点です。最初に金型を作っておけば、後は同じ生産プロセスを繰り返すだけで同じ形状の製品をいくつでも製造することができます。そのため、ロット数が増えれば増えるほど製品1個当たりの単価も下がります。

また、後処理が比較的簡単だという特徴もあります。材料を切ったり削ったりして成形する場合は削りくずが発生し、成形後に洗浄や清掃が必要になりますが、射出成形ではそうした手間はそれほどかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です