スマートフォンやテレビ、パソコンの他に自動車や洗濯機などのプラスチック部品は射出成形によって作られています。この技術には複雑な形状のプラスチック製品を、安いコストで素早く大量に生産できるというメリットがあります。金型を作るにはコストがかかりますが、一旦作ってしまえば後は材料を準備するだけで製品を製造できます。複雑な形状のプラスチックも射出成形機を使えば低コストで大量生産できるので、顧客には安い価格で製品を供給可能です。

高品質な製品を低価格かつ短い納期で提供すれば、顧客満足度を高めることができます。製造業を営む企業にとって、売上を伸ばす上で取引先など外部からの評判は非常に重要です。射出成形機を使えば高品質な製品を安定的に供給できるようになり、企業の評価が高まって新たな販売経路の獲得につながります。この技術には高品質な製品を安く大量に生産するだけでなく、営業活動を円滑化するというメリットも存在します。

射出成形機には様々なタイプがありますがコントローラーと射出部、型締め部という3つの部分で構成されている点は同じです。コントローラーは成形条件を制御する装置で速度や圧力の他にシリンダーや金型の温度、材料の射出量などを指定します。最近ではコンピュータが制御するタイプの装置が広く普及しており、熟練の技術を持つ職人でなくても高品質な製品を作ることができます。射出部のホッパーから材料を投入してシリンダーで溶かし、噴射ノズルから型締め部の金型に注入します。

様々な形状のプラスチック製品を効率的に作ることができるというメリットがあるため、射出成形機が製造業の現場で活躍しています。射出成形のメリットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です