プラスチックなどの合成樹脂を加工するために射出成形機を使うと、低コストで迅速かつ大量に複雑な形状の製品を作れるというメリットがあります。同じようにプラスチックを加工する装置には3Dプリンターが存在します。3Dプリンターは3次元的なデジタルモデルから、物体を作り出すことができます。射出成形機は専用の金型を使うので製造する手間やコストがかかりますが、3Dプリンターは金型が不要です。

導入初期のコストパフォーマンスを比較すると3Dプリンターの方が優れています。しかし金型の製造コストは固定なので、生産量が増えるほど製品1個あたりのコストを安くできるというメリットが存在します。プラスチック製品を安く大量に製造したいのであれば、金型を使う射出成形機の方が適しています。射出成形機にはスタッフが手動で操作するタイプと、コンピュータが加工条件を自動的に制御するタイプがあります。

前者はプラスチックの性質や温度、熱や金型の設計などをスタッフがコントロールします。能力によって品質に差が現れますが、熟練のスタッフが作業を行えば高品質で複雑な形状の製品も作ることができます。最近ではコンピュータが加工条件を制御するタイプが広く普及しています。このタイプは様々な加工条件が自動的に制御されるので、初心者でも一定以上の品質の製品を作ることができるというメリットがあります。

製造業を営む企業が顧客の信頼を得て利益を増やすには、低価格で高品質な製品を迅速に提供しなければなりません。射出成形機のメリットを活かせば、顧客の満足度を高め利益の増加につなげることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です