射出成形はプラスチックなどの合成樹脂を加工する技術であり、様々なメリットが存在します。この技術は複雑な形状の製品も簡単に作ることができるだけでなく、コストパフォーマンスも優れています。射出成形のメリットを活かして作られた製品にはスマートフォンやパソコンなど様々なものがあり、人々の日常生活を支える存在です。プラスチックを加工する装置には他にも3Dプリンターがありますが、複雑な形状の製品を大量生産することは不可能です。

コンピュータ制御された射出成形機ならば、複雑な形状の製品も低コストで素早く大量生産できます。射出成形機には射出部と型締め部、コントローラーという3つの部分があります。射出部にはホッパーやシリンダー、噴射ノズルがあり型締め部には金型をセットします。コントローラーは速度や圧力、シリンダーや金型の温度などの加工条件を制御する装置です。

最近ではコンピュータが自動的に加工条件を制御するタイプが主流になっています。スタッフが手動で操作するよりも、コンピュータに任せた方が高品質な製品を効率的に作ることができるというメリットがあります。射出成形機はホッパーから投入した材料がシリンダーの熱で溶かされ、噴射ノズルから金型に注入されます。金型内部には20度から100度のオイルや水が巡回しており、材料に圧力をかけながら冷やすことができます。

加熱された材料は300度ほどなので、100度でも冷却し固化することが可能です。加工に必要な金型の製造費は一定であり、生産量が増えるほど製品1個あたりのコストを安くできるというメリットも存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です