プラスチックなどの合成樹脂を素早く大量に加工するには射出成形が必須の技術です。射出成形とは金型内に溶けた合成樹脂を注入し冷却・固化して目的の形状を得る方法で、製造業の現場で広く採用されています。似たような技術に3Dプリンターがあり、金型を使わないため初期費用を安く抑えることができます。しかし3Dプリンターは製品が仕上がるまでに時間がかかり、高品質で均一な製品を安く大量生産できません。

射出成形は金型を製造するのに費用がかかりますが、一旦製造すれば固定費なので生産量が増えるほど製品1個あたりの費用が安くなります。射出成形はプラスチック製品を安く大量生産したい場合に最適な方法です。パソコンやスマートフォンなど、人々の日常生活に必要な製品の多くはこの方法によって作られています。コンピュータ制御された機械を使えば、初心者でも複雑な形状のプラスチック製品を簡単に製造できます。

工場で使われている機械には様々なタイプがありますがコントローラーと射出ユニット、型締めユニットで構成される点は共通しています。コントローラーは速度や圧力、材料の射出料や金型の温度などの加工条件を制御する装置です。射出ユニットのホッパーから投入された材料はシリンダーで溶かされ、噴射ノズルから型締めユニットの金型に注入されます。溶けた材料は300度ほどですが、金型内には20度から100度ほどのオイルや水が巡回しており圧力を加えながら冷却が行われます。

材料が固化したら金型を開いて取り出しますが、仕上げなどの加工工程などはほとんどないので効率的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です