テレビやゲーム機、スマートフォンの外装など私たちの身の回りにおいて必要不可欠なプラスチック。そのほとんどのプラスチックが射出成形という方法で作られているのをご存知でしょうか。射出成形とは、金型と呼ばれる製品と同じ形の空洞のある型に約200℃程度の高温で溶かしたプラスチックを射出し、固める方法です。この生産方法にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

なんといっても射出成形の最大のメリットは生産性の向上に役立つ点です。射出成形ではさまざまなサイズや複雑な形状の製品や部品の加工を行うことができます。スマートフォン用カメラのレンズといった小さいものから自動車のバンパーなどの大きいものまで、その大きさのバリエーションは3Dプリンターでは真似ができないほどです。そして、仕上がりがとても美しいことから、加工後は製品と材料の注ぎ口との切り離しや必要に応じてバリ取りを行う程度で、仕上げ加工といった後処理がほとんど必要ありません。

最新の射出成形機は精度が高く、機械も止まりにくいため非常に速いスピードで生産することができる上、一つの金型に複数分の空洞を彫っておけば、一度の射出で素早く大量に連続して同じ部品を作ることができ、量産性に優れます。初期投資として金型の製作は必要ですが、一度金型を作ってしまえば、その後の生産時は合成材料さえ準備すれば加工を行うことができる優れた手法で、デメリットを探す方が難しいほどなのです。射出成形のメリットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です