プラスチックを原材料として商品製造を行う工場では、射出成形の機器を用いていることが一般的です。汎用機の他特注で作るメーカもあり、自社工場に合わせた設備は整えることができます。プラスチック製品は身近なお店ではホームセンターの他、100円ショップでも沢山の商品が販売されており、家電製品のパーツや自動車パーツなどあらゆるジャンルで各種製品を目にすることが多いことも特徴です。製造に関しては射出成形の技法が最も良いとされており、その理由は金型を精密に作った後には大量生産を自動運転で可能にすることで、製品の製造工程においてコストカットを大きくできるメリットもあります。

1個当たりの製品の単価を引き下げることができることで、粗利益は勿論のこと、会社の利益を高めることにも役立ちます。射出成形が主流となった理由は他にもあり、金型に対して射出したプラスチック素材は表面の仕上がりが非常に綺麗なこともメリットとしてあげられます。粗面で仕上がるような機器の場合は、後から研磨作業を行うことが必要とされるので、人件費や研磨機の導入など経費が掛かってしまいます。射出成形で製造した製品においては、多少のバリが残る可能性は否定できませんが、簡単に短時間で除去できる範囲で留めることができることもメリットになります。

表面は平滑で美しい艶を出せる能力があることで、大量生産を行ったとしても品質のバラつきが少なくなり、ロスを発生させる可能性が極端に低いことも魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です