スーパーマーケットの日用品売り場や均一ショップなどに行くと、大量のプラスチック製品を目にすることができます。シャンプーボトル・石鹸箱などのバスグッズからペン立て・書類トレーなどの文房具に至るまでその種類は多岐にわたりますが、いずれも共通しているのはまったく同じ形や大きさの商品がいくつも並んでいるという点です。こうしたプラスチック製品は、射出成形と呼ばれる技術によって生産されています。射出成形には、1つの「型」を用いることで同一の製品を大量生産できるというメリットがあります。

射出成形は、形状を決定するための型(主として金型)を用意し、そこに原料を流し込んで固めるというプロセスによって製品づくりを行う工業技術です。原料は熱によって溶ける性質のものであれば何でも良く、プラスチックの他にポリプロピレンなども使われることがあります。反対に、熱を加えることで硬化する素材を用いることも可能です。現状では、加工のしやすさという点からやはりプラスチックが多数を占めます。

大量生産が容易であるというメリットの他に、射出成形には製品のサイズに対する柔軟性が高いというメリットもあります。基本的には金型を製作することさえできれば、微小なものから巨大なものまで自由に作ることができます。現在出回っている製品としては、スマートフォン用のカメラレンズなどが小さいものの例として挙げられます。一方、大きなものでは自動車のバンパーなどもこの技術によって作られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です