射出成形は金型の中に、高温で溶かしたプラスチック原料を流し込み、部品として大量生産する際に用いられます。主としてプラスチック製の生活用品や自動車部品などがその代表例として挙げられますが、射出成形を用いるメリットは数多くあります。第一に、大量生産が可能であるためコストパフォーマンスに優れていることです。また、基本的に成形機が連続して生産を繰り返すため、スタッフが機械に常時張り付いている必要がないこともメリットと言えます。

さらなる射出成形のメリットとして、一定の条件下で機械が稼働し続ける限り、品質のばらつきが極めて少なくなることです。メーカー側にとって、品質は企業の命運を左右するほど重要なものであり、品質管理の重要性は何よりも優先されて然るべきものです。そのリスクを極限まで低減してくれるという点で、射出成形の果たす役割は大きいと言えます。しかし、メリットがある反面、メーカー側が注意しなければいけない事項も少なくありません。

それは、成形機が一定の品質を維持し続けるまで、機械の調子をしっかりと見続ける必要があるからです。温度や湿度、原料の素材の状態など、ほんの些細な事項によって、成形機が生み出す製品に狂いが生じます。それが規格を外れた場合、すべてが不良品となり出荷することはできません。そのためには、日々のデータをしっかりと取り、機械の調子や原料の状態の見極めなど、データ管理を滞りなく行うことが大切となってきます。

良い製品は、行き届いた生産管理から生まれるものである、この言葉に間違いはないと断言できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です