射出成形とは、加熱によって軟化して形を変えることができるプラスチックなどの合成樹脂を加工するときに用いられる方法で、材料を加熱して溶かしたあと金型に流し込んで冷やし固めてかたちを作ります。注射器で材料を流し込むので、射出成型といわれています。加工の手順としては、「溶かす」「流す」「固める」「取り出す」という順番で、最後に加工仕上げをして完成です。射出成形をするための機械があり、その機械には電動式のものや油圧式、伝導と油圧を組み合わせたハイブリッド式のものがあります。

機械は材料を加熱して溶かし射出をする部分と固めるための金型をはさむ部分があり、加熱をする部分ではヒーターがついていています。射出成形という方法を用いると、一度作った金型は何度でも使えるので何個でも同じ製品をすることができることや、様々なサイズや形の金型を作れば商品への用途に応じた型のパーツができることがメリットです。また射出成型後のプラスチックはきれいな形をしているので、あまり仕上げ加工を施す必要がないこともメリットといえます。しかし、金型を使用して固まったらそこから取り出さなければいけないので取り出せる形にしないといけないことや、金型を作るのに時間がかかることがデメリットとなります。

射出成形の中でも異なる方法があり、樹脂などの材料と一緒に固めたいときは事前にその部品を金型に入れてから流し込むインサート成形や、先に模様やデザインの入ったフィルムをセットしてから流し込むフィルムインサート、異なる材料や色を使って生計をする方法などもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です