射出成形は、やわらかい状態の原料を型の中に流し込み、固めることで好みの形を作り上げるという加工技術です。プラスチックを筆頭に、さまざまな樹脂製品の製造に広く用いられます。具体的な成形方法は原料の溶融→型内部への射出→固化→完成品の取り出し→後加工というプロセスをたどりますが、多くのものづくりの現場ではこれを射出成形機と呼ばれる機械で自動化しています。温度管理や分量、固化に要する時間などを一定の状態に保てば同一の製品を繰り返し作り出すことができるため、大量生産に適した製造方法であるという特色を有します。

射出成形機にはさまざまな種類がありますが、基本的な工程はおおむね共通しています。まず作業台の一方の端に型を開いた状態で固定し、もう一方の端にあるシリンダーにペレット状に加工した原料を投入します。次にシリンダ内で原料を加熱して液状化させ、それを先端のノズルから型の内部に向けて射出すると同時に型を締めます。最後に原料が十分に固化したのを見はからって型を開き、中から完成品を取り出します。

射出成形機を使った製造方法では、原料を加熱する際の温度や時間、射出する際の圧力、型締めの際にかける力などを数値化してコントロールすることができます。そのため、使用する樹脂の特性に応じた調整が可能です。最も適切な状態で運用すればバリの発生を最小限に抑えることができるため、後加工のプロセスもその分だけ楽になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です