射出成形とは金型に押込んで充填して型にする合成樹脂の加工法で、読み方はしゃしゅつせいけいです。注入や注射や噴射を意味するインジェクションという英語から、インジェクション成形とも呼ばれています。金属で言うところの金型鋳造法で、金型さえ作れば何度でも同じ形状のものが作れるので大量生産でき、製造にかかる時間やコストを削減できる、複雑な形状をしたものも作れるなど多くのメリットがある加工方法です。合成樹脂は金属に比べて低い温度で型にできるできるため、金属の鋳造法では型からはずす時の温度差で商品が割れてしまうことがありますが、射出成形ではそのようなトラブルが起こりません。

射出成形の種類には手段や用途に応じて様々に分けられ、手段別の種類にはインサート成形や多色成形、加飾成形などがあります。インサート式は金属部品のまわりに樹脂を注入して一体で加工する方法、多色式はそれぞれの色の樹脂を順番に射出して熱融着させる加工法です。加飾式は加飾用フィルムをあらかじめ金型内にセットしてから、射出成形時の熱と圧力で金型内のフィルムと樹脂を貼り合わせて一体に構築する加工法です。用途別の種類分けには低圧成形やガスアシスト成形などがあります。

低圧成形は内部の圧力を低くして行うためガス焼けや素材が変形するなどのトラブルが起きにくく、光ディスクなどを製造する時に利用される方法です。ガスアシスト成形は樹脂を金型の内部に射出する際に不活性ガスを注入することで内部圧を一定に保てるため、精度の高い成果物になるので医療機器などの製造に適しています。射出成形の種類のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です