プラスチックを加工するために使用されているのが射出成形という技術です。射出成形には複数の方法があり、作りたい製品の種類に合わせて最適な方法を選ぶことができます。射出成形をする時に特に重要になるのは圧力ですが、加える圧力の強さも方法によって違いがあります。低い圧力で形成をおこなう方法もあり、高い圧力で成形する方法にはないメリットがいくつかあります。

高い圧力を使用する場合には圧力が場所によって不均等にかかりやすくなるために、成形が上手くできない場合がありえます。こうした場合に使用できるのが低い圧力で作業する方法です。圧力を低めにすることで、正確な形を作りやすくなります。圧力を下げることには空気を抜きやすくなるメリットもあり、表面の凹凸やギザギザもできにくくなります。

ですが低圧で成形をする場合には、使用する金型なども最適なタイプのものをデザインする必要があり、射出をするスピードなども考慮する必要があります。射出成形の中には、圧縮成形の技術を一緒に使用した種類もあります。射出による形成と圧縮による成形を組み合わせることで、形のゆがみが少ない製品を作ることが可能になります。製品のゆがみが少ないことが必要になるレンズなどの製品作りに使用されている方法です。

射出成形の中には気体を使用して形成する種類の方法もあります。圧力をかけた気体を製品の内部に注入することにより、製品の内部に空洞を作ることができる技術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です