射出成形は低コストで高品質なプラスチック製品を大量生産できるというメリットがあります。スマートフォンやパソコン、テレビのような電気製品だけでなく自動車などの部品もこの技術で作られています。企業が様々な製品を安く提供するためには、使用している部品の価格を下げなければなりません。射出成形に使用する金型は製作時に一定のコストがかかるものの、生産量が増えるほど1個あたりのコストが下がるというメリットがあります。

金型の製作コストは固定費であり、一旦作ってしまえば材料を揃えるだけで効率的な生産活動を行えます。人々の生活を支える様々な製品が射出成形のメリットを活かして作られています。実際にプラスチックを加工するために使われる装置にはコントローラーと射出ユニット、型締めユニットという3つの部分が存在します。コントローラーは成形の速度や圧力、シリンダーや金型の温度などの条件を制御するための装置です。

主流となっているコンピュータ制御を行うタイプのコントローラーを使えば、熟練の職人でなくても高品質な製品を製造できるというメリットがあります。射出ユニットにはホッパーやシリンダー、噴射ノズルなどが備えられています。材料をホッパーに投入するとシリンダーで溶かされ、噴射ノズルから金型に注入されます。型締め部には金型が装着されており、可動部分が固定部分に接近して材料に圧力を加えます。

溶けた材料は300度ほどになりますが、金型内部に循環する20度から100度ほどの冷却水で冷やされ固化します。プラスチック製品を低コストで大量に生産できる射出成形の技術は、製造業の様々な現場で必要とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です