射出成形とは何かの製品を作る際に用いられる方法の一つですが、具体的にはどのようなものでしょうか。これはある意味で文字通りですが、その製品の材料を力を掛けて噴射して押し出し、予め作っておいた型枠の中に入れて形を完成させる方法のことです。これだけでは射出成形の意味が分かりにくいかもしれませんが、具体的にはプラスチック製品を作る方法として非常によく用いられています。プラスチックは加熱すると柔らかく半液体状になることは良く知られていますが、そのため材料となる樹脂を予め加熱して液状にしておきます。

それを、用意しておいた金属製の型枠に押し込むというか流し入れることで形が整います。熱く溶けた状態のままでは製品にはなりませんが、一定時間そのままの状態で放置し、温度が冷えてプラスチックが固体化して固まったところで型枠を外して取り出してやれば、事実上は完成品ができるということになります。これが射出成形です。このように、原理的には素材が温度によって液体と固体とに変化するものでなければこの方法は使えません。

プラスチックはこの特性を持つ広く使われている素材の一つですが、もちろん、型枠に支障が生じない限りは、素材が金属であっても使えないことはありません。金属も高温にすれば液状になるからです。一方で木材とか皮革製品などについてはこの方法で製品化するようなことはできませんので、何か別のやり方に頼る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です