成形にも様々な方法がありますが、射出成形と呼ばれる加工法も様々な場面で活用されています。射出成形はどんな方法で行われているのかも知っておきたいところです。まず、これは金型を用いるのが特徴的です。プラスチックなどの材料を熱で溶かしそれを金型に送り込んで冷やし固めて成形します。

射出成形の加工の流れも知っておきたいところですが、まずは材料を溶かすところから始まります。その後は型に流し込み、固めて取り出し、仕上げ加工をします。注射器で液体を送り込む様子に似ていることから、この名前が付けられました。複雑な形の部品にも対応しており、連続して素早く大量に製造したいときに向いている方法です。

射出成形のメリットは、精密な形のものを成形できることがあげられます。そして、後加工の手間がほとんどないのもメリットといえるでしょう。金型を作成する必要はあるものの、一度作っておけばあとは材料のみで加工を進めていくことができます。生産量が多くなれば、それだけ製造単価を安くできるのもこの加工法の良いところです。

射出成形にも様々な方法があり、作る製品により使い分けられています。二色成形では装着された2つの金型に材料の異なる樹脂を射出します。2つの樹脂から1つの製品を作ることができるので、組み立てにかかる工程や人件費を削減しコストを安くすることができます。インモールド成形では、デザインを印刷したフィルムを金型に入れてから射出するので、成形だけではなく表面加飾が同時にできるのも便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です