幅広い分野で使われている射出成形は、金型を利用した成形方法です。合成樹脂の一般的な成形方法で、熱を加えて溶かした合成樹脂を金型に送り冷やして固めます。生活用品や自動車の内装、スマートフォンの外装など身近な製品の多くが射出成形で製造されています。金型を利用した成形方法には、様々なメリットがあります。

射出成形は、金型があれば材料の量に応じて加工する量を調整できます。射出成形だと様々な形やサイズの製品を製造でき、美しく仕上がります。他の成形方法に比べて仕上げ加工が少なく、製品に付加価値を与えます。射出成形機には電動式や油圧式、ハイブリッド式など様々な種類があります。

最近では、高速射出が可能な機種や特殊な専用機も増えています。加工を行う場合は、材料の投入口に粒場の樹脂を入れます。シリンダーの中で熱が加えられ樹脂が液状になると、射出の準備が整って材料が成形部分に流れ込みます。金型内の管路と分岐したランナーを通り材料が成形部分に流れ込むと、冷えて固まります。

材料が固まると金型が開き成形品が外に排出され、仕上げ加工が施されます。一度の成形で複数の成形品を製造するのが一般的で、溶けた材料が全ての部位に均等に流れるように工夫されています。大量生産に向いている加工技術ですが、精度の高い製品を作るには樹脂の選択など様々な条件を満たす必要があります。異なる色や材質の合成樹脂を別々に射出する方法は、自動車部品の製造にも用いられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です