切削加工は、管理をしておかなければ品質に影響を及ぼします。例えば、初めは品質を満足する連続加工ができていたものが、途中から上下限に触れていって最終的には外れていくのです。これが、管理できていればいいのですが、そうでなければ品質不具合を流出させてお客様に迷惑をかけてしまいます。具体的には、図面に指示された寸法精度と粗さです。

大きな要因と対策は次のように列挙されます。初めに、刃物の摩耗で加工が進んでいくと刃物は摩耗して切れ味が悪くなったり、刃物の寸法が小さくなっていくのです。これにより、寸法が大きくなったり、小さくなったりします。表面粗さも悪くなり、光沢になっていた製品が白っぽくなってきます。

原因は、刃物の寿命管理ができていないことや刃物と製品の材質がミスマッチをして寿命そのものが短くなっているケースがあるのです。この切削加工の影響を防ぐためには、刃物と材質がマッチしているかどうかや最適な加工条件によりビビりなどが発生することがなく安定的に加工ができるかどうかがカギとなります。工具メーカーなどとの相談や刃物のスペックを見ることで最適なものに更新することが出来るのです。つぎに、クーラントの対応で、冷却性の高いものや吐出圧力を上げることで切りくずの排出性を良くして切削環境を整えます。

つぎに、数値制御の工作機械です。精度が劣化してプログラム通りの加工ができなくなり切削加工において加工品質に影響が出ます。保守点検と補正による調整管理が重要なのです。切削加工の影響のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です