金属における切削加工とは、刃物で削り切りくずを出して形にすることです。金属のような硬いものが削られるメカニズムとして、金属より硬い材質の金属を刃物として使っているからです。この刃物を鋭利にとがらせて接触させることで、製品側の金属が柔らかいため削られていくのです。つまり、硬いものを柔らかいものに接触させて削れていくというものです。

身近な金属製品は鉄やアルミが一般的ですが、それを上回る硬さが超硬やハイスといわれる特殊金属です。この特殊金属は、工具メーカー各社がより切れ味のいい、ステンレスなど硬い材質でも削られるように研究し製品化しているのです。ここまでが切削加工の意味で、これを応用した加工方法が定義されています。いろいろな切削加工の種類がありますが、まずは丸い形状を加工する旋削加工です。

製品を回してそれに、バイトと呼ばれる刃物を当てていきます。まるでリンゴの皮をむくようなイメージの切削加工なのです。つぎに、刃物を回転させて縦横に移動させながら製品を加工するフライス加工があります。平面を加工する意味があり、四角い形状を加工していきます。

穴あけの加工方法としてボール盤加工があります。ドリルを回転させてつくような加工方法です。このような加工方法を組み合わせることでいろいろな金属加工製品を完成させていくのです。より高精度に仕上げる意味を持つ加工方法もあります。

また、これらを自動化させた高効率加工もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です