身の回りには、たくさんのプラスチック製品がありますが、こうした製品がどのように加工されているのかはよく知らないという人もいるのではないでしょうか。プラスチックの加工方法にも色々な種類がありますが、特に一般的な方法が射出成形です。射出成形とはどのような加工方法なのかも知っておきたいところです。射出成形とは、金型を用いてプラスチックを加工する方法です。

具体的な加工方法とは、どのようなものなのかも確認してみましょう。まず材料となる合成樹脂などは熱で溶かします。そして、溶かした材料を金型へと流し込み冷やして成形します。射出成形には、どのようなメリットがあるのかも知っておきたいところです。

この成形方法は複雑な形状のものを大量に生産したいときに向いています。複雑な形状の部品なども素早く大量に生産できる方法です。しかも仕上げなどの後加工の手間もほとんどないのもこの成形の良いところです。金型を作成するための初期投資は必要になりますが、一度作っておけば繰り返し使うことができます。

射出成形にはインサート成形と呼ばれる方法もあります。これは異なる素材や異なる色の樹脂を流しこむことで2色以上の物やパーツを作成できる方法です。異なる素材を一体にして製造できるのもこの成形方法の良いところといえるでしょう。高級感がある仕上がりにするなら、高速ヒートサイクル成形も向いています。

この方法なら、塗装することなく高級感のあるきれいな仕上がりになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です