射出成形は、プラスチックなどの樹脂が熱によって硬度を変化させる特質を利用して、さまざまな形状の製品を作り出す技術です。同じ工程を何度も繰り返すのが容易であることから、日用品や包装資材などの大量生産に適した技術となっています。プラスチックは温度が上がると柔らかくなって変形しやすくなり、冷えると硬くなるという性質を有します。射出成形ではこの仕組みを生かし、高温で溶かしたプラスチックを金型に流し込み、冷えて固まった時点で取り出すという作業を行うことで成形を行います。

1つの金型は何度も使えるばかりでなく、異なる顔料を加えたプラスチックで同じ工程を繰り返すこともできるため、まったく同じ製品を作ったり形状だけ同じで色違いの製品を作ったりと、作業のバリエーションも豊富です。射出成形の工程は、現在ではほとんどが成形機と呼ばれる機械によってオートメーション化されています。成形機にもいろいろな種類がありますが、基本的な仕組みはおおむね共通しています。機械の一方の端には素材を加熱する部分、もう一方の端には金型が固定されており、間に素材を型に流し込むためのノズルがあります。

作業を行う時はまず溶けやすいようにチップ化した素材をシリンダーの中に投入して加熱し、ノズルから押し出すようにして金型内に射出します。射出と同時に金型を締め、十分に固化した頃合いを見計らって再び金型を開いて完成品を取り出すというのが標準的な作業工程です。完成品のサイズを大きくしたい時は、同じ仕組みでサイズの大きな成形機を使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です