射出成形には、型を取りたいインサート品を入れて樹脂を注入するインサート成形を始め、複数の色の材料を組み合わせる多色・異材成形などの種類があります。またフィルムで加飾するフィルムインサート、フィルムインモールドも射出成形の一種ですから、改めて種類が豊富なことが分かります。射出成形と同じくスクリューを用いる方法に、中空や吹込みのブロー成形、ところてんを思わせる押出しといった種類も存在します。逆に注型や真空と圧空、圧縮やプレス成形などは、スクリューを必要としない成形方法となります。

金型に溶かした素材を送り出し、冷やして取り出すのが基本ではありますが、用途や求める仕上がりによって使い分けられます。射出成形の種類は様々ですが、形が金型によって決まること、熱して溶かしたものを流し、冷えたところで固まった成形品を取り出すのが中核となる流れです。最後に仕上げが行われることもありますが、追加工となるとコストが掛かるので、価格重視の大量生産品には行われないことも多いです。射出成形は早く、大量に生産できるのが強みですから、余計なコストが発生する加工は避けられる傾向です。

加工の種類にもよりますが、複雑な形状にも問題なく対応できるので、本当に幅広く活用されています。1つの金型で生産するのが難しかったり、大きいものやより複雑な形状を作る場合は、分割して生産したものを後から溶接や接着で1つにすることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です