物作りをする現場では、自社商品を作る際に材料を樹脂材にしているメーカーも沢山あります。樹脂の場合は加工性が非常に良いことや、軽量になることから輸送費を削減することにも役立ちます。樹脂製の商品は自由に色を付けることができるメリット、複雑なデザインでも上手く対応できること、丈夫で長持ちをするメリットもあります。樹脂材を材料として加工する方法には射出成形という機械器具があり、既に全国各地のメーカーの工場で採用されている汎用性の高い機械です。

射出成形は意外と簡単な方法で使うことができ、まずは製造したい商品の図面を作成した上で、金型の製造を委託できる会社に金型の製造を任せることが最初の行動です。この金型は2枚で1組で作る必要性があるので、発注の際には事前打ち合わせは必須です。射出成形の機器の先端には金具を固定する場所があり、完全固定をした上で本機の樹脂材を投入する部分に材料を入れるだけの簡単な方法です。材料を投入し作動させると熱により材料が液体状に近い状態になり、先端にある金具に対して噴射をすることで気泡や不純物が混じらない製品を自動的に大量生産することが可能になります。

熱を帯びた樹脂素材は、金型に噴射した後には冷却も自動で行うことができ、適切な温度まで引き下げることができれば、その下に落下させることが一連の流れです。射出成形ではほぼ全自動で作動させることができる便利機器になるので、コストカットには非常に役立つことで会社の利益を増やしながら販売価格を引き下げることにも成功します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です