日常生活の中で使われているプラスチック製品の多くが、射出成形と呼ばれる方法で作られています。製品と同じ形の空洞を持っている金型に、熱で溶けたプラスチックを注入して固めます。成形方法には様々な種類がありますが、射出成形は量産性に強みを持ちます。金型を作成すると、加工するパーツや材料の量を調整できます。

射出成形の方法を使うと、小さい製品から大きな製品まで自由に作れます。仕上がりの美しさも特徴で、他の方法に比べて仕上げ加工が少ないです。射出成形なら、成形するだけでなく様々な機能も加えられます。自由に成形できる便利な方法ですが、金型を使うので硬化後に型から抜ける形状にする必要があります。

射出成形では電動式やハイブリッド式、油圧式など様々な成型機を使用します。成形機は、材料を溶かして金型に送る射出部と金型をセットする部分で構成されています。技術が進化して高速射出を行える機種も普及し、特殊な専用機も使われます。加工を行う場合は、最初に材料の投入口に樹脂を入れます。

射出部から材料が送り出されると、金型内の管路を通って成形部分に流れます。材料が冷えると金型が開き、成形品が外に出ます。同時に複数の成形品を製造するケースが多いため、全ての部位に溶融した材料が均等に流れ込むように工夫します。大量生産に向いている加工の手法ですが、高精度の成形品を作るには樹脂の選択や金型の精度、材料を射出する際の速度など多様な条件が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です