高校卒業資格を取得するには

高校卒業資格とは全日制や定時制、通信制で高等学校を卒業した者に認められる資格で、学校教育法で定められています。似たようなものに高卒認定がありますが、こちらは高等学校を卒業していない者が試験を受けてある程度の成績を残せば、高校を卒業した者と同程度の学力があると国が認めてくれる制度です。

違いは高校卒業資格の方はその名の通り学歴は高校卒業ですが、高卒認定は学歴的には中卒になります。
学歴は重要なのでこの違いは大きいです。
高校卒業資格は学校教育法によると、3年以上在籍と74単位の取得が必要となります。
単位には国語や数学などの教科ほかに音楽や課外授業も含まれますので、通信制でも学校行事に参加しなければなりません。

高校卒業資格のサイトが登場しました。

3年間在籍は簡単のようで難しく、全日制でも辞めていく者がおり、特に定時制や通信制では多くの者が辞めていく現状があります。定時制や通信制では74単位取得のカリキュラムを組んでいることが多いですが、全日制では100単位前後のカリキュラムが普通となります。



ですから、全日制と定時制や通信制では学力の差が出てくる場合が多いので、進学を考えている方は全日制の方が有利です。

高卒認定は8科目の試験に合格すればよく、3年間在籍する要件もありません。



課外授業も受ける必要もないので、高等学校に通うより負担は軽いですが、高卒の学歴は取得できません。

高校卒業資格は3年間しっかり在籍し、様々なことを学んだ者にだけ与えられる資格なのです。